ピッタリの車種は何?車の乗り方や使い方から決めよう!

車を選ぶときの大事な基準

多くのメーカー車種の中から、ただ闇雲に欲しい車を選んでいると決まりません。購入してから後悔しないためにも、自分にあった車を選ぶ必要があります。まず、自分の車に対する希望範囲を絞ることから始めましょう。何のために、購入するのか考えれば車のタイプは絞れます。見た目重視でいく場合、オープンカーといったスタイリッシュな車種が良いです。大人数やファミリーで使用するなら、ミニバンや背の高い軽自動車が向いています。仕事で長距離の移動をするなら、高速道を走ることになるので走行が安定しているセダンタイプがおすすめです。ちょっとした移動や買い物なら、小回りのきくコンパクトカーや軽自動車のほうが維持費も安く済むのでいいでしょう。

購入するときポイント

ライフスタイルに合った車が決まったら次は購入ですが、新車と中古車それぞれに特徴があります。新車は、オプションや装備を自分の好みで選べるのが大きなメリットです。他にも、メーカー保証がついているので補償期間が長く修理費が安い点が魅力になります。しかし、新車は契約を結び注文を受けてから生産されるため、人気の車は納車待ちになっていることが多くすぐに乗れません。 中古車の場合、豊富な在庫から選ぶので車の選択肢が多く人気車種であっても使用した後というだけで価格が下がり新車より安く手に入るのが最大のメリットです。一方、前の使用者がどのように使用していたかがわかりづらく車のコンディションが一定ではありません。新車と中古車の特徴からみて、自分にあった購入方法を選びましょう。

中古車のリースを利用するときには、メーカーの保証が切れていないかを確認してから契約する必要があります。